月に吠える

He's walking on with the regular tune.
Lonely, slowly, howling for the Moon...
<< 正直なめてた | main | 大神 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
風が強く吹いている
 



ちょうど陸上競技に興味を持っていたこともあって、大好きな三浦しをんさんの本と知れば読まずにはいられない

長距離部員がたった十人しかおらず、しかもそのうちの大半が長距離に打ち込んだこともない
そんな弱小大学が、大学陸上界の最高峰である箱根駅伝を目指す・・・

読み始めた当初はそんなアニメチックな展開であるとは知らなかった
故障のため陸上を諦めかかっていた主将の「ハイジ」が、「走」と出会ったことから、同じボロアパートに住む8人を箱根に誘い、みんながその気になっていく過程なんか、なんてあり得ない設定なんだろうと思ったものだ

箱根駅伝に出場するためには、予選会と呼ばれる狭き門を通過しなくてはならない
当然最初はその予選会目指して練習に打ち込んでいくのだが・・・

200ページを超えたあたりから手が止まらなくなった

それぞれに不安や恐れや葛藤を抱えながら、ひたすらに速く、強く駆けていく選手たち
「走る」という究極的に原始的な行為なのに、なぜこんなにも人々を魅了するのか
なぜそんなにも打ち込めるのか
なぜそんなにも、美しい姿なのか

『走りとは力だ。スピードではなく、一人のままで誰かとつながれる強さだ。』




三浦さんの小説、もっと読みたくなった。
| Andante (日常) | 12:41 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:41 | - |











CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
猫温度計
MHP2G
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SPONSORED LINKS